姫様@ヒメコンゴウ お迎えの朝

Welcome to the PARADISE of LEO & 10Babies!!(+ARU!?)

Here is PARROT&PARROT LOVERS ONLY 





NEW!! twitterやってます~♪ (ΦωΦ)ノ   leoparrotをフォローしましょう


【YOUもフォロ~】 twitterに手を染めて。鳥話以外も絶賛つい~と中♪ 【しちゃいなよ❤】






d0152593_13283058.jpg






姫様@ヒメコンゴウ。



先日7/7に 無事10才を迎えました067.gif






今回は姫様のお迎えまでの ちょっとしたエピソードを。



いつもより長い文章になります。



あ、その前に。




CBL、「Companion Bird Laboratories」(=鳥の検査機関)が

2002年に設立されたのですが、それを念頭にお読みくださいまし☆




.:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:




2002年初春。



とうとう始動である。





「難しい事はわかってます。でも、何とかお願い出来ませんか。


・・・PBFDの国内検査済の子をお迎えしたいのです」





とある専門店に電話を入れ 無理難題をふっかける一人の客。



いうまでもなく LEO本人である。




その前日。



お迎え当初より PBFD疑惑があった萌花@コガネメキシコの


検査結果が 主治医より知らされた。





結果は 陰性。





一年半以上悩んで悩んで。





「このコとは あまり長くはいられないのかもしれない」


と もかたんを撫でながら何度も泣いた。





それが 陰性。






10年近く経った今でも その時の気持ちは刻み込まれている。


天にも昇る気持ち、とは きっとあのことをいうのだ。





PBFDのコがいながら 別のコをお迎えする事は出来ない。


今後そのコに出来るだけの事をする為にも 新しいコの為にも。





けれど その疑惑が晴れたところで 晴れて新しい家族のお迎えを、と。



候補は ヒメコンゴウにしぼられていた。





そして 当時ヒメコンゴウは マイナーで。




PBFDの検査をしてほしい、などという客も もっとマイナーで(笑)


数件のショップに、冒頭の話を相談しては断られた。





このお店でダメなら 検査済のコはあきらめるしかなかった。



もしくは 新しいコのお迎えをあきらめるか。






一年半悩んで泣いて苦しんできた、あの思い。



当時の日本では検査が出来ず、もかたんはCITES2に該当する為、血液を海外で検査する事も



かなり難しく、出来たとしても、送るのに時間が掛る為、結果が正確かどうか怪しい事。







主治医は LEOの悩みも心配も全て聞いて受け止めてくれた。



そして CBL設立と同時にもかたんの検査を行ってくれた。




ここまで 本当に長かった。苦しかった。




もうこんな思いはしたくない。


日本で検査出来るようになったのだ。


難しいかもしれないが 新しくお迎えするコは検査クリアしたコであってほしい。





この思いは、どうしても 譲れない。




そして 同じようにヒメコンゴウと暮したい想いも譲れない。







迷惑な客だと、店員さんを困らせていると充分わかっていたが 引き下がる事は出来なかった。





「う~ん。。。私ではちょっと・・・。一度上の者に聞いてみないと」



「そうですよね。じゃ、ヒメコンゴウが入るか、も確認していただいて


 また連絡いただきたいのですが」






当時2店舗目を出店したそのお店は 検査が済んだコの部屋を


新しく作っている最中だった。




何とか 聞き入れてもらえないか。



祈るような思いで 再度電話でそのお店のオーナーと直談判。






「難しいですが いいですよ、やりましょう」




うそ。 まぢで。




再度 天にも昇るような気持である。





「ただホントにヒメコンゴウでいいんですか?あのコ達いかついやないですか~(笑)」


と笑われたりもしたが。




PBFDという病の性質を鑑みて、検査クリアしたコの部屋がある店だから、と


安心できない事は十分わかっていたが。




それでも 何もせずお迎えするよりは マシだった。







そして。




待ちに待った ヒメコンゴウの到着。




萌花の時と同じように 祈りながら待った検査結果は陰性。




ずっとずっと夢見てきた ヒメコンゴウとの暮らしが始まる。







お迎えに行く その朝。





萌花に 声をかけた。



「行ってくるね。もかたん、妹が出来るよ。本当にありがとう」






そして 私の原点。 



ずっとずっと大切な 今は亡き MARI@オカメインコにも。




「今日は大阪までお迎えだよ。MARIのお蔭。本当に有難う。一緒に頼むね」

  




冬の朝は 寒くて嫌いだ。





でも まだ暗いその朝に かすかに光る陽は とても。




とても 美しかった。







.:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:





d0152593_13293857.jpg








かな~りはしょりましたが 以上が 姫様お迎えまでの経緯です。



厳密には お迎え前に対面に行ったり(思っきしどん引きされましたwww)



なかなかペレットに変わらず 挙句の果てに 検査部屋の隣のタイハクさんが



差し餌をもらってるのを見て せっかく一人餌だったのに雛がえってしまったりとか


(結局お迎え後に切り替えました)




色々とありましたが お店には本当に感謝の気持ちです。






本文中に書きませんでしたが、厳密にはPBFDの検査は、日本でも


大学で出来る所はあったのですが、主治医との相談でここはやめよう、と。





なお、主治医はいつも私の不安や心配をちゃんと聞いてくださり、


いつも的確なアドバイス、そして落ち込んでいる私の事まで気遣って下さいました。




こうして姫様と暮らせるのも、主治医と、CBLの真田先生のお蔭です。


いつもいつも 有難うございます!!






ヒメコンゴウ。


当時は散々な言われようでしたが(笑)



一緒に暮らす方も増えてきて 嬉しい限り!!


コワモテとか言われますが(笑)本当に愛情深く賢いコ達です053.gif






そして 肝心のもかたん@コガネが何故PBFDだと思ったのか?ですが



もかたんは まだ黄色い羽がひらいてない状態の雛さんでお迎えしたのですが



その羽が お迎えして三日後くらいに 鞘ごと抜けてしまったから、という。。。




・・・ええ。ワイルド、アバウト、ダイナミックで名高いLEOさんですが


意外と神経質なとこもある、というお話です(笑)





・・・笑うなってば072.gif(ΦωΦ*)




d0152593_13302012.jpg







Aloha。・*+☆~~ヾ(>▽<)ノ。・☆~~Aloha
[PR]
Commented by freddylab at 2011-07-09 15:11
こんにちは!
姫様は10年前のお迎えですから
当時は大変だったのですね。
ノアもPBFDの検査はしましたが 出来て当たり前~の時代に感謝しなくては!ですねぇ

私はフレディーの股関節形成不全で大変な目に会いましたから
次回はLABは諦めようと思ったほどでした
LABも遺伝疾患がとても多いので
PRAという網膜萎縮症の検査 股関節 最低この二つをクリアーしていないと怖いです

でも10年前 つまり私がフレディーをお迎えしたときに既にこんなに行動を起こしていらした
LEO様はやはり凄い!

飼う前にきちんとお勉強して 出来ることはしてからお迎えする
最低限 どんな生き物でもこれくらいはしてから
飼って欲しいものですね。。。。
Commented by leoparrot at 2011-07-09 16:00
freddylab様♪

ふー君も10年前のお迎えなんですか!!
何だか嬉しいです~❤(←? 笑)

ワンコも、種類によって特有の病気とか遺伝性の問題とか
あるようですものね。
ふー君も関節が悪いようでしたが、まま様のような方が
お世話されてて幸せなコですよね☆

私はお恥ずかしながら、PBFDなんて、コニュアとは
無縁(感受性が低い)と思い込んでいて、もかたんの
羽が抜けるのを見つけるまでは心配したことすら
なかったのです(汗)凄くなんてないのです(泣)
抜けた羽を見つけた時は血の気が引きましたね~。。。
当時も、海外で検査クリアの子はいたのですが、お店や
輸入経路での感染もあるので、何としても国内で
検査してほしい一心でお願いしました(笑)
私の他に、アケボノをお迎えされたい方からも丁度
同じようなお話があったそうで、引き受けて頂いて
本当に感謝です☆

「ペット」なんて一口に言いますが、本当に大切な
家族である彼ら。。。
昔よりは動物に対する色んな事がマシにはなってきた
とは思いますが、まだまだです!
もっともっとより良くなっていくように願います☆
Commented by manachun at 2011-07-09 16:16 x
姫様、10歳のお誕生日おめでとう、LEOさんもおめでとうございます。 

10年前・・色々な思いをもってお迎えを決められたのですね。今では当たり前にできる検査も当時はできなかったのですね。我が家もCBLには何度もお世話になっていて・・感謝です。

 
 そして私も先生が大好きです(^^)先生がいるからこそ今いる子達のうち3人のお迎えを決められたんです。うちの子達にもとっても優しく「大丈夫?」「怖かったね」って診察の時に話しかけてくれる先生の優しさが大好きで、なぜか私まで安心しちゃたりして・・(^^)

ヒワコンゴウさん大好きですよ~。香りも大好き(^m^)以前Lさんで2羽のヒワコンゴウさん達に会いましたがかわいかった~香りまでしっかり嗅いじゃって(^m^)
 
姫様は優しいお目目ですね(^^)ママにいっぱい愛されてかわいい兄弟達に囲まれて、これからも元気に健康でいっぱい遊んでね♪
Commented by leoparrot at 2011-07-09 16:33
manachun様♪

お祝いのお言葉、本当にありがとうございます!!
こうやって祝っていただけて、姫様はとても幸せです❤
当時は本当に鳥さんの情報も物品も少なくて・・・。
そして検査も出来ず、悩んでる方も多かったはずです。
今では検査が出来て、しかもかなり結果が早くわかるという・・・。
時代は進歩しますね~(笑)
manachun様も、うちと同じですね~♪
本当に本当に、先生とCBLの先生方には頭があがりません!
先生はいつも飼い主さんにも心配りして下さいますよね!
先生として、もそうですが一人の人として素晴らしい方です。

ヒワちゃんお好きなんですね~❤
Lさん、りお@ルリコンゴウのお迎え時には3羽とも
いましたが可愛いですよね!!
ルリよりもおっとりしてて❤私も大好きです。
お値段のゼロが一個少なかったら・・・(笑)
Commented by wakamin at 2011-07-09 17:09 x
こんにちは♪
姫様、10歳のお誕生日おめでとうございます!
10年前にこういう志でお迎えを計画していたなんて、さすがLEOさん。
凄いですね〜。
10年前なんて、私は・・・オカメインコの存在すら知りませんでした。。。お恥ずかしい(~~;)

主治医の先生・・・とても有名な先生ですね。
LEOさんが先生の事を尊敬していらっしゃると言うのが理解出来ます♪お近くでいいですね〜。
田舎の方にも鳥さん専門の先生がいらっしゃると良いのに・・・・と心から思います。

姫様、とても凛々しく撮れていますね♪
いつまでも元気で健やかにいてくれる事をお祈りしています!
Commented by leoparrot at 2011-07-09 17:31
wakamin様♪

こんにちは~♪
こちらでもお祝い有難うございます~❤
姫様共々、感謝感謝です!!
当時はホントに色々な意味で困難だらけでした。
私も、コンゴウインコ=オウムだと思ってたような
人間です(笑)一般人が一緒に暮らせるなどとも
思ってませんでしたしね~☆
みんな最初はそんなもんですよね(?)大切なのは
そこからどう進んでいくか、ですよね!
お互い、常に精進してまいりましょうね~♪

主治医は本当に素晴らしい方です!
傍若無人な私が「この世で唯一頭の上がらないお方」です(笑)
ただ、当時も、ですが現在も近くはないんですよ~☆
名古屋高速使ってますから多少は、って感じです。
もっと鳥さんの先生が増えてくれると嬉しいですね~!
ま、そうなっても相変わらず主治医にお願いする私ですが(笑)
Commented at 2011-07-09 17:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by leoparrot | 2011-07-09 13:42 | コンゴウインコ♪ | Comments(7)

Welcome to the PARADISE of LEO&8Babies!!(+ARU!?)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30